アニメ「東京リベンジャーズ」第19話の振り返り・感想【ついに始まった血のハロウィン】

アイキャッチTVアニメ「東京リベンジャーズ」公式Twitterより引用

どうもみこです。

2021年夏アニメ「東京リベンジャーズ」の、第19話「Turn around」を観たので、ストーリーの振り返りと感想を書いていきます。

また、「東京リベンジャーズ」を動画配信しているサービスの情報や、無料で視聴できる方法も解説していきます。

アニメ「東京リベンジャーズ」は、2017年から週刊少年マガジンにて連載されている人気漫画のアニメ化作品です。

不良だった主人公が中学時代にタイムリープする能力を使用し、かつての恋人が殺害される運命を変えるために奔走するサスペンス作品です。

作者は「和久井健」さん、私が大好きな人気漫画「新宿スワン」の作者でもあります。

私の2021年春アニメのイチオシ作品です。

作品のネタバレを含みます。まだみていない人や、ネタバレが嫌な人は要注意です。

アニメ「東京リベンジャーズ」第19話の振り返りと感想

第19話「Turn around」の内容を振り返りながら、感想を書いていきます。

あらすじ

東卍が芭流覇羅に乗っ取られて変貌していくきっかけとなる「血のハロウィン」が始まった。

半間ら大勢の芭流覇羅メンバーと対峙するドラケンは仲間を守りながらの苦しい戦いを強いられていた。

しかし、この抗争を終わらせ、場地とマイキーを救いたいと奮戦するタケミチの姿が東卍メンバーたちの心に火をつける。

TVアニメ「東京リベンジャーズ」公式HPより引用

ついに血のハロウィンが始まる

2005年10月31日、いよいよ「血のハロウィン」が始まった。

東京卍會とバルハラの全面戦争です。

東京卍會が狙うのは「馬地を取り戻す」こと、いっぽうのバルハラは「東京卍會を潰すこと」を目標としています。

マイキー対一虎、ドラケン対半間の構図となります。

序盤、東京卍會の優勢が描かれるも、150人対300人と数で劣る東京卍會は徐々に劣勢に追い込まれていきます…

半間もドラケンとタイマンをするわけではなく、数の優勢を利用しながらドラケンを追い詰めていく。

そのころ、いきなりの乱戦でうろたえるタケミチ、バルハラにやられそうになったところを三ツ谷に助けられる。「なにしにここに来たのか!?」と三ツ谷にカツをいれられ、さらに相棒の「千冬」に背中を任せることで気合を入れて、なんとか戦うことができる。

まあ、「東京卍會のトップになる」とは言っても、タケミチはもともと弱いですからね。

しかし、千冬さいこー、マジかっけぇす。(トップ画も千冬にしちゃいました。)

さすがはタケミチの相棒だぜ。

少しづつ追い詰められていく東京卍會、

数で負け、年齢も下の東京卍會は、すこしづつ追い詰められていく…

とくに幹部以外の構成員の間には、弱気ムードが広がっていく。ドラケンがフォローし、引っ張ろうとするも劣勢は変わらない。

ドラケン「やべぇな、気持ちで負けてきてる」

そのとき、大声を上げてバルハラの中を突っ込んできたのがタケミチでした。タケミチは「かかってこい、絶対倒れない、全員ぶっ飛ばす」と大声を上げて倒れ込む、そんなタケミチの姿を見て、膝をついていた東京卍會が立ち上がります。

後ろを気にする必要のなくなったドラケンは、半間目指して一気に突っ込んでいく。あッというまにバルハラを蹴散らして、半間の元へとたどり着き、ドラケン対半間が始まります。

場面は変わって、廃車の上を駆け上がる一虎を追いかけるマイキー、一虎はマイキーの足技を封じるため足場の悪いところへ誘いこみ、さらに幹部2人を使ってマイキーを囲み追い詰めます。

ドラケン半端なくつえー。

が、しかし一虎…

汚いやつだな。

地の利を活かして敵を囲い込む、とかって兵法では当たり前なんだろうけど、不良漫画に求めているのはそこじゃない感が凄い。

そもそも、マイキーへの逆恨みがきっかけだし、どうしょうもないやつですね。

追い込まれたマイキーはそれでも強い、このあとの展開がどうなるのか…

追い込まれてもマイキーは強い、だが幹部2人に脚を掴まれ、一虎に角パイプで殴られてしまう。

頭から血を流したマイキーは「俺はお前の敵か?」と一虎に問いかける。

すると一虎は、マイキーに手を差し伸べてもらった過去や、子供のころのつらい記憶を思い出し、「お前のせいで苦しんだ、敵に決まっている」さらに「敵を殺すのは悪者でも、敵を殺すのは英雄だ」とつげる。

そう言って一虎は、手足を押さえつけたマイキーを殴り続ける。

「マイキーは負けた」みながそう思ったとき、マイキーは顔を上げて、幹部ごと一虎に蹴りをお見舞いする。

「年少に入ったのはマイキーのせい」とか「英雄になるために敵を殺す」という、一虎理論があいかわらずに、まったく理解できない展開です。

マイキーの蹴りで気を失った一虎、このままだとマイキーが一虎を殺してしまう展開そのままになってしまいそうです。

でも今回、馬地も稀咲もまったく姿を見せていません。今後この2人がどう絡んで展開するのか、タケミチは馬地やマイキーをすくうことができるのか?

見逃せない展開が続きますね。

東京リベンジャーズを動画配信しているサービスはこちら

アニメの視聴には動画配信サービスおすすめです。

たくさんの作品を、あなたの好きな時間に、いつでもどこでも、好きなだけ視聴することができるからです。

東京リベンジャーズを配信する動画配信サービスは以下になります。

サービス名月額料金
(税込)
無料期間
U-NEXT2,189円31日間
Hulu1,026円2週間
Amazonプライムビデオ500円30日間
Netflix990~1,980円無し
dTV550円31日間
FODプレミアム976円2週間
dアニメストア440円31日間
Paravi1,017円2週間
TELASA618円15日間

2021年4月12日現在です。最新の配信状況は各公式HPをご覧ください。

各動画配信サービスの違いは、こちらの記事「おすすめの人気動画配信サービス12社の特徴を比較・解説【あなたのピッタリが見つかります】」で比較することができます。

おすすめの動画配信サービスは2つ

私がおすすめの動画配信サービスは2つあります。

お得度の高い「Amazonプライムビデオ」と、見放題作品数No.1の「U-NEXT」です。

お得に動画を視聴できる「Amazonプライムビデオ」

なるべくお得に動画配信サービスを利用したい場合、私のおすすめは「Amazonプライムビデオ」です。

おすすめの理由は、「動画配信以外にも特典が充実」していることです。

通販サイトでAmazonを利用しているのならば、「送料無料」「時間指定」「電子書籍が読める」「お得な定期便」等のサービスを受けることができ、値段も最安クラスとなっています。

最初の30日間は無料体験ができるので、お試ししてみてはいかがでしょうか。

Amazonプライム会員の特典の一例

・配送料無料、日時指定や、お急ぎ便が無料

・電子書籍の読み放題サービス「Prime reading」

・「Amazon music」は、200万曲が聴き放題

・ネットで服を買うデメリットを克服した「Prime Wardrobe」

・学生は6ヶ月無料体験で、料金が格安な「Prime Student」

見放題作品数No.1の「U-NEXT」

見放題の作品が豊富で、すこし値段は高くてもアニメ以外にも「映画、ドラマ、バラエティ、漫画、雑誌」等、本格的に動画配信サービスを楽しみたいのならば、U-NEXT」がおすすめです。

アニメを見る、映画を見る、読み放題の雑誌を読む、幅広くそして動画を思いっきり楽しめるサービスです。

初回31日間は無料体験期間があります。

無料で試して気に入れば継続して利用する。もしも、続けていく気がなければ無料期間中に解約することで料金はいっさいかかりません

注意点も含めて関連記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

「東京リベンジャーズ」を無料で視聴する方法

動画配信サービスの無料期間を利用することで、東京リベンジャーズを無料で視聴することができます。

登録する動画サービスを利用したことがなければ、初回登録には無料期間があるからです。

無料期間を利用すれば、配信済の作品を無料で視聴することができます。

動画視聴後、サービスの継続を判断して、課金をするつもりがなければ「無料期間内に解約」を行いましょう。無料期間内であれば費用はかかりません。

期間内の解約を行えば、無料視聴のデメリットはありません。(動画配信サービス内にある有料作品には注意が必要です。)

ぜひ試してみましょう。

このように無料体験期間を利用すれば、東京リベンジャーズを無料で視聴することが可能です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事