【書評・要約】たった1つの図でわかる!図解経済学入門【投資初心者におすすめ本です】

どうもみこです。

この記事では「たった1つの図でわかる!図解経済学入門」の書評を書いていきます。

経済初心者
ニュース観ててでてくる経済用語って、難しくて全然わからない。
「マイナス金利」「TPP」「経済政策」
ほんとに眠くなります…

みこ
そんな人におすすめな本が「たった1つの図でわかる!図解経済学入門」です。

一般の人が理解するレベルの経済に関する知識は「たった一つの図を理解するだけ」で大丈夫だと本書は言っています。
私も含めて「難しいことはわからない」という方にピッタリの本でした。

「たった1つの図でわかる!図解経済学入門」を読めば、なんだか難しいと思っていた経済のことが、図を理解できるとシンプルにわかります。

本の内容を感想をまじえて簡単に解説します。すぐ読めるので、最後まで読んでいって下さい。

もしこの記事を読んで、すこしでも興味を持ったなららぜひこの本を手にとって見てください。

【書評】たった1つの図でわかる!図解経済学入門

著者

著者:髙橋洋一(たかはし・よういち)
1955年東京都生まれ。都立小石川高等学校(現・都立小石川中等教育学校)を経て、東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。
小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」など数々の政策提案・実現をしてきた。2008年退官。
現在、嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。
『バカな外交論』『バカな経済論』『【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で「21世紀の資本」は読める』『【図解】地政学入門』(あさ出版)、第17回山本七平賞を受賞した『さらば財務省! 官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)など、ベスト・ロングセラー多数。

本の概要

①経済の素人が経済をきちんと理解できるようになる本です。
②理解したうえで、マスコミや学者、政治家の言葉に惑わされず、自分の頭で考えられるようになること
この2点を目的として経済に関する入門書です。たった1枚の図を読み解くだけで、「お金の政策」「マイナス金利」「TPP」といった「経済ってなんだかよくわからない…」と思ってしまうことを理解することができます。経済ってよくわからない、経済のことを自分の頭で考えられるようになりたい、そんな人におすすめな一冊です。

経済の9割は、たった一つの図でわかる。

たった1つの図でわかる!図解経済学入門より引用

一般の人が経済を理解することに「難しい経済理論は必要ない」たった一つの「需要と供給の図」を理解しているだけで充分であると著者は言います。

経済とは需要と供給のことであり、「経済は需要と供給の話」に過ぎないからです。

その図がこちらです。

需要と供給の図
たった1つの図でわかる!図解経済学入門より引用

私たちの暮らしを理解するのに必要なのは「物価変動」と「経済政策」だけであり、それは「需要と供給の図」一つで説明ができる。

需要が高く供給が少なければ値段は上がり、需要が低く供給が多ければ値段は下がる。

日銀が金利を下げれば世の中に流れるお金の量が増えて景気が上向きやすくなる。モノの値段や金融政策も、需要と供給で説明をすることができます。

一つの理論で本質的な理解をして、そこから事例を学んでいくことで思考力は鍛えられる。

よって、「経済の9割は需要と供給で理解できる」この一つから考えを広げていくことで、難しい経済の話がわかるようになっていきます。

読んだ感想

ニュースを見る時に、需要がどう動いたか、供給はどうか?

という視点を持つことで世の中の動きを理解することができる。経済を理解するのに、たった一つの図を思い浮かべるだけでいいということは、わたしにとってけいざいへの理解がかなり高まった一冊でした。

たとえば「量的緩和」を知ることにしても

民間金融機関の日銀残高が増える →金利下がる →お金を借りる人が増える →世の中にお金増える →モノの価値が上がる

こういった流れが理解できるようになったことはとても良かったです。

私のような勉強不足な人間にピッタリの、わかりやすく経済を学ぶことができる一冊でした。

【要約】 たった1つの図でわかる!図解経済学入門

私なりに本を読んだ内容を要約しました。

一個人がが経済を理解するとき、難しい経済理論は必要ない。

「需要と供給の図」この一つを理解して、そこから多くのことを理解していくことで経済は見えてくる。

需要が増えて供給が減れば値段は上がり、その逆では下がる。

経済は、この需要と供給がどう動くのかをとらえることで理解することができる。

この本はこんな人におすすめです

たった1つの図でわかる!図解経済学入門」はこんな人におすすめです。

・できるだけ簡単に経済のことを知りたい

・これから経済学を勉強したい

・シンプルな理論で経済を理解したい

どれか一つでも当てはまる方はぜひ読んでみてください。

じつは、この記事で紹介した 「たった1つの図でわかる!図解経済学入門」 は、「Prime reading」の読み放題で読むことができます。(2022年1月23日現在の情報です。読み放題が入れ替わっている可能性もあります。)

Prime readingはお得に読書ができる

Prime readingは、Amazonプライム会員であれば追加料金無しで電子書籍が読めます

Amazonプライム会員はPrime readingだけでなく、「送料無料」「動画サービスのプライム・ビデオ」「音楽聴き放題のPrime Music」等、全体としてのメリットがすごいです。

Amazonプライム会員は「月額500円」という低価格で、さまざまなサービスを利用することができます。

月に1冊本を読めば元がとれてしまいますね。さらに、最初は30日間の無料体験期間があります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事