Fire HD 8(2020年モデル)レビュー【プライム特典を使いこなすのに最適でコスパの良いタブレット】

どうもみこです。

2020年10月13日~14日のAmazonプライムデーで、Amazonデバイスが最大45%OFFと、かなりお得なセールをやっていました。

そのセールで「Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB」が、40%OFFの「9,980円 → 5,980円」とかなりお得になっていたので購入しました。

この記事では、私が購入したFire HD 8 タブレットについてレビューをしていきます。

結論から言うと「Amazonプライム会員を最高に楽しめる、コスパの良いタブレット」です。

この記事でわかること

・FireHD8タブレットは、Plusとどっちがいいの?

・実際に使用してわかった使い勝手

・メリットとデメリット(良い点と残念な点)

・一緒に買いたいアクセサリーについて

Fire HD 8 タブレットは使い勝手が良く、値段もリーズナブルなタブレットです。

簡単に読める記事なので、Fire HD 8 タブレットが気になっている方は最後まで読んでみてください。

FireHD8タブレット(2020年モデル)レビュー

「Fire HD 8 タブレット」のレビューをしていきます。

良い点だけでなく、残念な点も書いていきますので、参考にしていただければさいわいです。

Fire HD 8 タブレット 2020年モデルの比較

Fire HD 8 タブレットには、「Fire HD 8」と「Fire HD 8 Plus」の2種類があり、それぞれに容量「32GB」と「64GB」のモデルがラインナップされています。

Fire HD 8Fire HD 8 Plus
ディスプレイサイズ8インチ HD(1280×800)8インチ HD(1280×800)
プロセッサクアッドコア2.0GHz/2GB RAMクアッドコア2.0GHz/3GB RAM
オーディオDolby Atomos デュアルステレオスピーカー マイクDolby Atomos デュアルステレオスピーカー マイク
AlexaAlexa搭載Alexa搭載
ワイヤレス充電非対応対応
カラーブラック/ブルー/ホワイトスレート
32GB9,980円11,980円
64GB11,980円13,980円
ワイヤレス充電スタンドセット(32GB)14,980円
ワイヤレス充電スタンドセット(32GB)16,980円

大きな違いは「ワイヤレス充電の対応」「メモリの容量」「カラーラインナップ」「価格」となります。

Fire HD 8 Plusは2千円高いです。さらに、Plusにするならワイヤレス充電スタンドを付けると思いますので、最大限に性能を発揮するには「14,980円」となります。

Fire HD 8 タブレット選び方

「結局どちらがいい?」という問に対して、私なりの選び方はこちらです。

・コスパ重視 → Fire HD 8

・少しでも良いスペックで使いたい → Fire HD 8 Plus

Fire HD 8は定価1万円を切るタブレットですが、容量、メモリ、ワイヤレス充電...

というように欲張ると、けっこう高くついてしまいます。

もちろんメモリが多いほうが快適に使用できます。しかし、Fire HD 8でもそれなりに快適です。さらに、メモリの違いは両方買わなければ体感できるものではありません。

容量も使ってみて「足りないな」と思ったときは、micro SDを別途購入すれば使用することができます。

よって、コスパ重視なら「Fire HD 8(32GB)」です。

逆に、少しでも良いスペックでワイヤレス充電も含めて性能を最大限に使いたいのであれば「Fire HD 8 Plus」を選びましょう。

色を選べないことが気になるかもしれませんが、カバーを付けてしまえばあまり気になりません。

ワイヤレス充電スタンドは、セットで購入したほうが「1,600円お得」となっています。(2020年11月3日現在)

私は、価格を抑えたかったので「Fire HD 8」を選びました。

Fire HD 8の開封・外観レビュー

注文から数日で到着しました。

期待大の開封です。

付属品

・5W電源アダプタ

・USB-C(2.0)ケーブル

・スタートガイド

本体正面です。

ディスプレイは、光沢があり指紋がつきやすいです。

合わせて保護フィルムの購入がおすすめです。

こちらは本体裏面です。

しっかりとAmazonのロゴが入っています。

表面はザラザラしており、指紋が目立ちにくいかなと思います。

右から、「3.5mmイヤホンジャック」「USB-Cポート」「マイク」「電源ボタン」「ボリューム」となっています。

長手方向にスピーカーが2個ついています。

縦方向で使用するときに持ち手とスピーカーがかぶるのが気になりますが、おそらく横方向の使用を想定しての配置でしょう。

こちらはmicroSDカードの挿入口です。

使用感レビュー

Amazon純正カバーを取り付けています。

カラーは4色ラインナップされています。私はチャコールブラックをチョイスしました。

Amazon純正カバーを使用することで、タブレットを立てて利用することができます。

場所を選ばず立たせて使用するためにはカバー必須です。

裏側はこのような感じです。

Fire HD 8はメモリ2GBなので、使用感はどうかなと思いましたが、ネットやAmazonプライム・ビデオで動画を視聴してもサクサクと動きます。

カバーを使用すると多少重さが気になりますが、布団に寝転びながら持って使用することもできます。大きさも適度であり、持ち運びも苦にならず、どこでも使えるタブレットです。

ひとつ上に「Fire HD 10」がありますが、そちらだと持ち運びや使用する場所も選ぶと思います。

画質はどうなのか?

当たり前ですが、スマホより大画面なので、動画視聴がはかどります。

大きなディスプレイに満足です。

ディスプレイのスペックが「8インチ HD(1280×800)」となっており、購入前にフルHDではないのが気になりましたが、特別にこだわる人でなければ全く問題のない画質です。

Fire HD 8のデメリットとメリット

Fire HD 8のデメリットとメリットを紹介していきます。

Fire HD 8 5つのデメリット

デメリット

・Google Playが使えない

・GPS機能がない

・カメラはおまけ

Google Playが使えない

Fireタブレットでは、Google Playが使えません。

アプリは「Amazonアプリストア」でダンロードすることになります。Google Playに比べるとアプリ数が少なく、LINEなどのが使用できなかったり、ゲームもダウンロードできないものがあります。

Google Playを利用できるようにすることもできるようですが、セキュリティ面からもおすすめはできないようです。

GPS機能がない

Fire HD 8はGPS機能がついていません。

よって、「ポケモンGO」などの位置情報を利用したゲームを使うことができません。また、同じ理由でナビアプリを利用できるようにすることもできません。

ただし、Wi-Fi環境であれば位置情報サービスを利用することができます。

カメラはおまけ

Fire HD 8にはカメラが付いていますが、性能は高くないです。

カメラはおまけ程度ととらえておきましょう。

低価格タブレットゆえのデメリット

1万円を切る低価格タブレットです。

iPadなどと比べると、劣る部分も目立ちます。

それゆえに低価格と理解すれば、メリットもたくさんあります。

Fire HD 8 10のメリット

メリット

・処理速度が良く、ネットもYou Tubeもスムーズにサクサク使える

・Amazonプライム会員の特典をがっつり楽しめる

・スマホより快適に大画面でプライム・ビデオ視聴

・大画面で電子書籍が読める

・Amazon musicで音楽を楽しむ

・スピーカーもけっこうイケる

・画質も問題なし

・コンパクトで使いやすいサイズ感

・容量が足りないときはMicroSDカードで足せる

・機能と価格のコスパが良い

処理速度が良く、ネットもYou Tubeもスムーズにサクサク使える

ネットサーフィンや、You Tube、Amazonプライム・ビデオの動画視聴を行いました。処理速度の能力も十分に足りており、スムーズにサクサク使用することができます。

Amazonプライム会員の特典をがっつり楽しめる

Fire HD 8は、Amazonプライム会員の特典を楽しむことに最適なタブレットです。

・Amazonプライム・ビデオ

・Prime reading もしくは、Kindle Unlimited(電子書籍)

・Amazon music

これらの特典と、とても相性がいいです。

Amazonプライム会員とは、Amazonが提供する有料サービスです。

料金は「月額500円」と「年間4,900円」から選ぶことができます。最初の30日間は無料体験期間がありますので、気になったら試しに入会してみましょう。

Amazonプライム会員の特典の一例

・配送料無料、日時指定や、お急ぎ便が無料

・電子書籍の読み放題サービス「Prime reading」

・「Amazon music」は、200万曲が聴き放題

・ネットで服を買うデメリットを克服した「Prime Wardrobe」

・学生は6ヶ月無料体験で、料金が格安な「Prime Student」

スマホより快適に大画面でプライム・ビデオ視聴

画像の上が「iPhone8」下が「Fire HD 8」です。

やはり大画面で見ることができるのは嬉しいかぎりです。

布団に転がって見ることもできるサイズですので、場所を選ばず動画視聴を楽しめます。

大画面で電子書籍が読める

Kindleの電子書籍を読むのにもひじょうに適したサイズです。

Amazonプライム会員であれば、追加料金無しでPrime readingを利用できます。さらに、たくさんの書籍を読みたい場合は、Kindle Unlimitedがあります。

カラー表示ですので、雑誌もカラーで読むことができます。

Amazon musicで音楽を楽しむ

Fire HD 8には、ステレオスピーカーもイヤホンジャックもついているので、Amazon musicで音楽を聴くこともできます。

Amazon musicは、Amazonプライム会員の特典の一つで、追加料金無しで200万曲が聴き放題になります。

スピーカーもけっこうイケる

Fire HD 8のスピーカーですが、「Dolby Atmos」が採用されていることもあり、そこそこ良い音で音楽や動画を楽しむことができます。

Dolby Atmosとは、ドルビーラボラトリーズが開発した、音声オブジェクトの導入で迫力のある音を実現するものです。

画質も問題なし

ディスプレイのスペックが「8インチ HD(1280×800)」となっており、購入前にフルHDではないのが気になりましたが、特別にこだわる人でなければ全く問題のない画質です。

コンパクトで使いやすいサイズ感

私はFire HD 8を動画視聴やネットサーフィンに利用しています。

動画視聴では、テーブルの上でも布団に転がってもひじょうに使いやすいサイズ感です。

これ以上大きいと持ち運びが難しい、小さいと物足りないといった印象です。

容量が足りないときはMicroSDカードで足せる

Fire HD 8Fire HD 8 Plus
32GB9,980円11,980円
64GB11,980円13,980円

Fire HD 8は、容量によって価格が2千円変わります。

大きい容量を買っておけば間違いないですが、実際にはそんなに使わず小さい容量でも十分だったということもあります。

とりあえず値段の安い「32GB」を選んでおいて、足りなければMicroSDカードを購入(1TBまで対応)すれば良いと考えると容量を選びやすいです。

機能と価格のコスパが良い

デメリットとメリットを紹介してきました。

これだけ大きなメリットがあり、使いやすいタブレットが1万円を切っているというのが、Fire HD 8の大きな魅力です。

機能に対する価格のコスパが最高ですね。

Fire HD 8タブレットと一緒に揃えたいアクセサリー紹介

Fire HD 8を購入するときに一緒に揃えたいアイテムを2つ紹介します。

Fire HD 8 Amazon純正カバー

Fire HD 8 Amazon純正カバーを取り付けることで、本体の保護はもちろん、タブレットを立てて利用することができます。

タブレットを立てることで、どこでも手を使わずに動画を視聴することができます。

Fire HD 8用液晶保護フィルム

Fire HD 8の画面は光沢があり指紋が目立ちやすいです。

保護フィルムを貼ることで、指紋の付着防止になります。

表面はサラサラしており、指も滑りやすく利用することができます。

まとめ

Fire HD 8タブレットは「Amazonプライム会員を最高に楽しめる、コスパの良いタブレット」です。

・Amazonプライム・ビデオ

・Prime reading もしくは、Kindle Unlimited(電子書籍)

・Amazon music

とくに、この3つの特典との相性は最高です。

Fire HD 8タブレットがおすすめな人

・コスパの良いタブレットが欲しい

・Amazonプライム会員に入会している

・スマホより大画面で、場所を選ばず動画を視聴したい

・高い性能よりも、お手頃でちょうどいいタブレットが欲しい

これらが当てはまる方は、ぜひ一度「Fire HD 8タブレット」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事