「ダンまち4期」第7話の感想【みえる、ゆえの苦悩】

アイキャッチアニメ「ダンまち」シリーズ公式サイトより引用

どうもみこです。

2022年夏アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(以下ダンまち)」第4期の、第7話「予知夢」をみたのでストーリーを振り返りながら感想を書いていきます。

また、ダンまち4期を動画配信しているサービスや、無料で視聴できる方法についても解説していきます。

「ダンまち」は、大森藤ノさんによるライトノベル作品です。TVアニメは第4期、劇場版アニメ、ゲームなど多くの作品が制作されている人気作品です

まだみていない人、ネタバレが嫌な人は要注意です。

配信等の情報は、2022年6月16日現在です。最新の情報は公式HPをご覧ください。

「ダンまち4期」第7話の感想

第7話「予知夢」をみたので、内容を振り返りながら感想を書いていきます。

あらすじ

リュー・リオンが冒険者を殺害──耳を疑うような話を耳にしたベル達。有り得ないと確信に近い思いを抱く面々ではあるが、リヴィラの冒険者達は色めき立ち、リューの討伐隊を組織していく。リヴィラの冒険者達が発見する前にリューに接触し、真相を明らかにする──そのためにベル達は地上への帰還を先送りにし、リューの討伐隊に加わることに。だが、ただ一人、カサンドラだけは、ベル達が決めた方針に反対の意を示した……

アニメ「ダンまち」シリーズポータルサイトより引用

容疑者は疾風

カサンドラは予知夢をみる、それは今までにない不吉なものでした。

「安全地帯で冒険者が殺された」、その容疑者は「リュー・リオン」です。

目撃者は「犯人は疾風(リュー・リオン)だ」と強く訴え、疾風を仕留めようと訴えます。その姿は、なんとかして疾風を始末したいとすらみえます。

疾風には過去の件で賞金がかかっており、疾風の討伐隊が組まれることになります。

ベルたちは討伐隊に参加するふりをして「リューを助けよう」と決めるが、流れはカサンドラが予知した悪い方へと流れていきます。

恐ろしい予知夢をみたカサンドラが起き上がったシーン、予知夢なんか忘れて胸部に目がいってしまった私は「おじさん」です。(でっでかい…)

もちろんベルはリューの肩を持ちますが、討伐隊結成の流れを説得することはできませんでした。(リューには高い賞金が掛かっている。討伐へと皆が誘導されているようにもみえます)

カサンドラの予知夢では全滅のような光景が見えている、ベルはカサンドラの予知夢を疑っているわけではないが、もちろん恩があるリューを助けたい。

まあこの展開、カサンドラを信じるかどうかの前に、そりゃあベルはリューを助けに行きますよね。

なんとか予知夢の未来を変えたいカサンドラ

カサンドラが討伐隊への参加を「止めよう」と言うが、リューを助けることに決まる。(カサンドラの予知夢は一緒にいるダフネですら信じてはいない)

カサンドラはなんとか予知夢を変えようと足掻きます。

地上でのヘスティア達のやりとりで、カサンドラには神々ですら見えないものが「見えている」と言われています。

いまいち信用されていないカサンドラの予知夢ですが、どうも本物のようです。モスヒュージの時は予知夢を変えることができましたが、今回はどうなるのか続きが楽しみです。

また「カサンドラは、ベルと会えるときには明るい顔をしている」みたいで、ベルのモテ度がまた上がっています。

舞台は再びグレート・フォールへ

リューを追う討伐隊は予知夢にあった惨劇の舞台である、27階層グレート・フォールへとふたたび立ち入ります。

なんとか未来を変えたいカサンドラは人探しへの参加メンバーを絞り、リリのゴライアスのローブから切った「ゴライアスのマフラー」をベルに持たせます。

そしてパーティーからは、ベル一人が27階層へ向かうことになる。

カサンドラのとっさの言い訳が、なんと…

「春姫重い」というのが笑えました。

今回の話は神々にも見えないものが予知夢として見えるが、周りにはそれを信じてもらえていない「カサンドラの苦悩」がうまく描かれていました。(ベルへの思いも)

ベルはカサンドラを信用していないわけではないが、それでも「ベルがリューを助けることは止められない」とカサンドラは判断し、自分にできる限りのことをしてベルを送り出しました。

この予知夢への抵抗が、この先どのように影響を与えるのか?

もちろんまたマリィも登場するでしょうし、どう考えても楽しみです。

ダンまち4期の他動画配信サービスでの配信状況

そのほかの動画配信サービスでも配信されています。

サービス名月額料金
(税込)
無料期間
U-NEXT2,189円31日間
Hulu1,026円2週間
Amazonプライムビデオ500円30日間
Netflix990~1,980円無し
dTV550円31日間
FODプレミアム976円2週間
dアニメストア440円31日間
Disney+990円無し
TELASA618円15日間
2022年6月現在 最新の情報は各公式HPをご覧ください

2022年6月16日現在です。最新の配信状況は各公式HPをご覧ください。

各動画配信サービスの違いは、こちらの記事「おすすめの人気動画配信サービス12社の特徴を比較・解説【あなたのピッタリが見つかります】」で比較することができます。

おすすめの動画配信サービスは2つ

私がおすすめの動画配信サービスは2つあります。

お得度の高い「Amazonプライムビデオ」と、見放題作品数No.1の「U-NEXT」です。

「Amazonプライムビデオ」はとてもお得なAmazonプライム会員の特典です

プライムビデオトップ画

プライムビデオはAmazonプライム会員の特典の一つです。

動画視聴だけでなく、プライム会員のお得な特典を利用することができるため、お得度が非常に高いです。動画視聴以外にも下記のようなお得な特典が盛り沢山です。

Amazonプライム会員の特典の一例

・配送料無料、日時指定や、お急ぎ便が無料

・電子書籍の読み放題サービス「Prime reading」

・「Amazon music」は、200万曲が聴き放題

・ネットで服を買うデメリットを克服した「Prime try before you buy」

・学生は6ヶ月無料体験で、料金が格安な「Prime Student」

上記のように「動画配信以外の特典も充実」していることが大きな特徴です。

プライム会員の料金は下記のように、他の動画配信サービスに比べてリーズナブルな設定になっています。

プラン年間月額
年間プラン4,900円408円(月額換算)
月間プラン6,000円(年間換算)500円

また、初回登録後の30日間は無料体験期間があり、無料期間中でもAmazonプライム・ビデオを含む全てのサービスが使い放題です。

Amazonプライムビデオは、動画を「たくさん視聴できるかわからない」という方でも、通販や音楽といった多くの特典のおかげで「損しにくい」そんなサービスです。メリットや詳細は関連記事にまとめてありますのでご覧ください。

「U-NEXT」は見放題作品数No.1の動画配信サービスです

U-NEXT

U-NEXT」は 豊富な見放題の作品数が魅力です。

見放題作品数が「23万本」と、動画配信サービスの見放題作品数No.1を誇っているからです。具体的には下記のような見放題配信数です。

・洋画/邦画 見放題数14,000作品

・海外テレビドラマ 見放題数1,060作品

・国内ドラマ 見放題数1,270作品

・アニメ 見放題数4,500作品

・キッズ 見放題数1,120作品

「あれも観たい、これも読みたい。だから、U-NEXT」とは言っても、こんなのはもう絶対に観きれない量ですね。

アニメの配信数も4500本と優れているほか、映画、ドラマだけでなく、雑誌や書籍まで読むことができます

また、初回登録であれば31日間は無料でU-NEXTを体験することができます。

無料で試して気に入れば継続して利用する。もしも、続けていく気がなければ無料期間中に解約することで料金はいっさいかかりません

U-NEXTは、見放題作品数No.1のおすすめ動画配信サービスです。メリットや料金等は、関連記事にまとめてありますのでよろしければご覧ください。

「ダンまち4期」を無料で視聴する方法

動画配信サービスの無料期間を利用することで、見放題作品を無料で視聴することができます。

初めて動画サービスに登録をする方には、初回登録の無料期間があるからです。

無料期間を利用すれば、配信済の作品を無料で視聴することができます。

動画視聴後、サービスの継続を判断して、課金をするつもりがなければ「無料期間内に解約」を行いましょう。無料期間内であれば費用はかかりません。

期間内の解約を行えば、無料視聴のデメリットはありません。(動画配信サービス内にある有料作品には注意が必要です。)

お得に動画視聴をしたい方はぜひ試してみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事