アニメ「池袋ウエストゲートパーク」の動画配信はプライムビデオ独占配信【ドラマ世代は違いに違和感!?でも7話まで見て!!】

アイキャッチ池袋ウエストゲートパーク公式Twitterより引用

どうもみこです。

「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」が、2020年10月6日よりスタートしています。

池袋ウエストゲートパークは、石田衣良さん原作の小説がアニメ化されたもです。アニメ以外にも、2000年に放送されたドラマ版は当時大きな話題となりました。

私と同世代(30代後半)の方にとって、ひじょうに思い出深いドラマの一つなのではないでしょうか?

この記事でわかること

・IWGPの動画配信情報

・ドラマ世代が感じる違和感について

・アニメ版の楽しみ方

アニメ版もかなり面白いので、私と同世代であれば、ドラマ版のことも少し振り返りながら見ると当時の記憶がよみがえって楽しむことができます。

そして当時のドラマ版を好きだった方は、絶対に7話まで見てください

3分あれば読めるので、池袋ウエストゲートパークを楽しみたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

アニメ「池袋ウエストゲートパーク」の動画配信はプライムビデオ独占配信

アニメ「池袋ウエストゲートパーク」は、Amazonプライムビデオにて地上波先行・見放題独占配信です。(2020年10月現在、変更している可能性あり)

動画配信サービスで、見放題配信をしているのは「Amazonプライムビデオ」のみとなっています。(それ以外のサイトでは都度課金にて視聴が可能)

あらすじ

池袋の西口公園。通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある

果物屋の息子・真島誠(マコト)は、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。

有象無象な人間が集まる池袋の中で、組織に属さず、誰にでもフラットに付き合うマコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込む。

「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。…そう、池袋は最高だ」

今日も池袋の秩序を守っていた彼のもとに、街の平和を揺るがす厄介な事件が持ち込まれる――。

池袋ウエストゲートパーク公式HPより引用

Amazonプライム・ビデオとは

Amazonプライム・ビデオは、「Amazonプライム会員の特典」の一つの動画配信サービスです。

Amazonプライム会員にひじょうに多くの特典が用意されており、その中の一つにAmazonプライム・ビデオがあります。

料金は「月額500円」と「年間4,900円」から選ぶことができます。入会後30日間は無料体験期間があり、無料期間中でもAmazonプライム・ビデオを含む全てのサービスが使い放題です。

無料期間を利用して、池袋ウエストゲートパークを無料で視聴することも可能です。

Amazonプライム・ビデオはこんな動画配信サービス

・オリジナルコンテンツが充実している

・アニメが充実(最新作も視聴可能)

・ダウンロードしてオフラインで再生ができる

・一つのアカウントで、他の端末も共有ができる

・他の動画配信サービスと比較しても月額料金が安い

・レビューを参考にできる

・Amazonプライム会員の特典と合わせてコスパ最高

Amazonプライム会員の特典の一例

・配送料無料、日時指定や、お急ぎ便が無料

・電子書籍の読み放題サービス「Prime reading」

・「Amazon music」は、200万曲が聴き放題

・ネットで服を買うデメリットを克服した「Prime Wardrobe」

・学生は6ヶ月無料体験で、料金が格安な「Prime Student」

Amazonを利用することがあるなら入会しても損なし

Amazonプライム会員は多くの特典があり、「池袋ウエストゲートパーク」を視聴することもできます。

割引や送料無料等を利用するば、払った金額以上の金銭的メリットも受けることができ、入会しても損しにくいサービスです。

池袋ウエストゲートパークに興味があれば、この機会にぜひ加入してみてください。

アニメ版を視聴して、ドラマ世代が感じた違和感について解説

私のようなドラマ版の池袋ウエストゲートパーク世代は、アニメ版を見ることで大きな違和感を感じているようです。

Amazonプライム・ビデオのレビューで低評価が目立つ

2020年11月2日現在、カスタマーレビューの概要は上記のようになっています。

「星1つ」が半数の50%と、かなり低評価が目立ちます。

Amazonカスタマーレビューの抜粋

・ひどいの一言につきる作品

・違和感がすごい

・ドラマとは全くの別物

といった低評価が目立っています。

この原因はなにかというと、「ドラマ版のインパクトが強すぎたから」と言っていいでしょう。

とくに、ドラマ版で窪塚洋介が演じた「キング」は、私の世代ではカリスマ的な存在でした。

ドラマ版「池袋ウエストゲートパーク」とは

『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)は、2000年4月14日から6月23日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「金曜9時」枠で放送された日本のテレビドラマ。

主演は長瀬智也。脚本は宮藤官九郎。チーフ演出は堤幸彦。通称およびドラマ内での愛称は「I.W.G.P.」。

Wikipediaより引用

池袋ウエストゲートパークは20年近く前のドラマなのですが、当時大きなインパクトを残したドラマです。

私も大好きなドラマで、今でも「一番好きなドラマといえば、池袋ウエストゲートパーク」です。まさに、平成を代表するドラマといっていいでしょう。

キャストも制作陣も豪華

キャスト

真島誠(マコト):長瀬智也

渋沢光子:加藤あい

安藤崇(キング):窪塚洋介

森正弘(マサ):佐藤隆太

水野俊司:山下智久

浜口:阿部サダヲ

松井加奈:小雪

横山礼一郎:渡辺謙

制作陣

脚本:宮藤官九郎

演出:堤幸彦

キャストも制作陣も豪華です。メインキャストは今見てもほんとうに豪華であると思います。山下智久が脇役で、しかも途中で死んでしまうというのは、かなり贅沢な使い方ではないでしょうか。

その中でも人気だったのは、窪塚洋介演じる「キング」と、長瀬智也演じる主人公の「マコト」でした。

とくに窪塚洋介演じる、カラーギャングのリーダー「キング」は、当時の若者達のカリスマでした。いい意味でぶっ飛んだ演技でカリスマ的なかっこよさです。

このドラマを見て、白いタンクトップを着たくなった方もおそらく多かったと思います。

当時の映像は、You Tubeで「池袋ウエストゲートパーク キング」で検索すると見ることができますが、見たことのない方はぜひドラマを見ていただきたいです。

長瀬智也演じるマコトは、すぐに切れる「めんどくせぇ!!」が口癖な、それでも、なにかとめんどくさいことに首を突っ込んでいきます。マコトのストリート系ファッションも当時ほんとうにかっこよかったです。

「ジョーダン11」も履いていました。

さらに、マコトの携帯電話の着信音「Born To Be Wild」を、自分の携帯電話の着信音にした方も多かったのではないでしょうか。

アニメ版は原作に忠実、ゆえに違和感がすごい

こちらの動画で語られていますが、アニメ版「池袋ウエストゲートパーク」は原作に忠実に作られています。

ゆえに、キングはぶっ飛んでおらず「ひじょうにクール」であり、マコトは「すぐに切れない」です。

窪塚洋介さん本人も「俺がやった方は異色の方」「比べてどうのって感じでもないかな」と語っています。

よって、私のように原作を読んでいない、ドラマ版世代には大きな違和感を感じる作品となっています。

こちらの「アニメダ・ヴィンチの対談記事」を読むとわかりますが、キングのあのカリスマ的キャラは、当時の窪塚洋介さんが「池袋ウエストゲートパークのキングを演じるために作ったキャラ」であることがわかります。

アニメ版はドラマとは別のものとして楽しもう

池袋ウエストゲートパーク公式Twitterより引用

ドラマ版池袋ウエストゲートパーク世代には、どうしても違和感が先行しますが、アニメ版もかなり面白いです。

レッテルを貼って見ないのはもったいないと思うので、窪塚洋介さんも答えていたようにアニメ版は正統派の作品としてドラマ版との違いも楽しみながら視聴することをおすすめします。

アニメ版の第7話でドラマとアニメが融合

アニメ版「池袋ウエストゲートパーク 第7話」にて、ED曲に清春が歌う「忘却の空」が流れました。

アニメ版、第6話と第7話「Gボーイズ冬戦争・前編/後編」にかけて、Gボーイズ内で戦争が勃発する事態という話が描かれています。この2つの話がかなり面白くて、やっぱり「池袋ウエストゲートパークこうでなきゃ」といった内容でした。

その後、編第7話のED曲でなんと、ドラマ版池袋ウエストゲートパークのED曲「忘却の空」が流れました。なにも知らずに見ていた私は本当にびっくりしました。そして、このアニメを見ていてよかったなという気持ちになりました。

ドラマ版のED曲:SADS「忘却の空」

アニメ版7話のED曲:清春「忘却の空(25th Anniversary Ver.)」

正確には同じ曲ではなく、Vocal.清春のソロ再録版ではありますが、ドラマファンには最高に嬉しい演出でした。当時ドラマを見ていた方にぜひ見ていただきたいです。

池袋ウエストゲートパーク公式Twitterより引用

まとめ

アニメ版「池袋ウエストゲートパーク」は、動画配信サービスではAmazonプライムビデオに地上波先行・見放題独占配信です。

ドラマ世代がアニメ版を見ると、「キング」や「マコト」といった主要キャラの違和感が強い作品となっています。ですが、窪塚洋介さんがおっしゃっているように、アニメ版は正統派の作品として楽しむとかなり面白い作品です。

よって、ドラマ版との違いも楽しみながら、アニメ版を視聴すると楽しめると思います。

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員の特典の一つとなっています。

料金は「月額500円」と「年間4,900円」から選ぶことができます。入会後30日間は無料体験期間があり、無料期間中でもAmazonプライム・ビデオを含む全てのサービスが使い放題です。

この機会に是非入会して、アニメ版「池袋ウエストゲートパーク」を楽しんでください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事