夏アニメ「デカダンス」第12話感想【いよいよ最終回】

TVアニメ「デカダンス」公式サイトより引用

どうもみこです。

2020年夏アニメ「デカダンス」の第12話を見たので、感想を書いていきます。(思いっきりネタバレ有りです、ご注意願います。)

夏アニメ「デカダンス」第12話感想

デカダンスもいよいよ最終回です。

ラスボス「オメガ」を倒すために、「いけっ、カブダンス!!」

という感じです。

デカダンスもいよいよ最終回です。

ここまでの簡単なあらすじ

超巨大なガドル「オメガ」が現れ、デカダンスでも対処ができない。システムはデカダンスのサービス終了と空間圧縮装置ですべてを終わらせることを決める。

カブラギはデカダンスを素体としてログインし、オメガに立ち向かうことを決める。

デカダンス 第12話のあらすじと感想

カブラギはデカダンスを起動できない、その原因はシステムにある。

そのころ外では、オメガに立ち向かうためにミナトが最後のミッションを告げる、それは各地に散らばるデカダンスのパーツを集めるものであった。

サービス終了間際の最後にミッションに、デカダンスにはログインが殺到、パーツを集めることに成功する。

非アクティブのプレイヤーのログインや、ナツメの行動にまじで胸アツ展開です。

そして、カブラギはシステムに告げる「怖いのか、変えられるのが?」「俺は、俺の意思で限界まであがくだけだ」と。

ここからの展開はお決まりといえばお決まりですが、それもいいかな。

と私は思います。

デカダンスは散らばったパーツを集め一撃を繰り出すも、決定打にはならない。

絶体絶命と思われるなか、ここでカブラギがリミッターを解除する。

この一撃でオメガを撃破、空間圧縮前に止めることができた。

「カブダンスの勝ちだ!!」

その後、デカダンスはカブラギを連れて崩壊する。

ラストは3年後、有能すぎるジルはあるものを発見する。

最終話は、見どころ満載でした。

ドナテロの特攻も面白かったですし、3年後のデカダンスの姿も要注目です。

システムはバクを容認している、バグが発生し、それを排除する。これもすべてシステムの一部だということのようです。

ラストシーンのナツメも、ぜひあなた自身で確かめてもらいたいです。

この話で最終回ですが、第2話の急展開から、最後はハッピーエンドという流れもよくまとまっていて面白いアニメでした。

アニメ「デカダンス」配信情報

動画サービス無料期間月額料金
U-NEXT31日間無料2,189円
Hulu2週間無料1,026円
dアニメストア初めての方初月無料440円
Amazonプライムビデオ30日間無料体験408円(年間)
500円(月)
ABEMAプレミアム初回1ヶ月無料960円

2020年9月23日現在の情報です。(変動している可能性もあります。)

各動画配信サービスには、初回登録には無料視聴期間があります。

無料期間内に動画を視聴して解約を行えば、アニメ「デカダンス」を始めさまざまなアニメを無料で視聴することも可能です。

動画配信サービスを利用してアニメを見るメリットは、「好きな時間」に「自分に合った見方」ができることです。

放送時間に関係なく視聴ができるので、毎週1話ずつ楽しみに待ちながら見ることも、ためて一気に見ることも、あなたのペースで楽しむことができます。

私自身は、アマゾンプライムビデオを利用して視聴しています。

アマゾンプライム会員は、amazonのさまざまなサービスを利用することができ、動画配信で最新アニメも見ることができるのでおすすめです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事